×

商品一覧

 

 

カテゴリ

お知らせ

 

ご案内

HOME»  ブログ記事一覧»  A飼料ファーミング»  ファーミングと子牛

ファーミングと子牛

ファーミングと子牛

子牛の死亡の原因に腸炎とならんで肺炎があります。

感染性肺炎の発生は、環境、病原体、個体の感染性により複雑化していて一般に牛呼吸器疾患複合体(BRDC)と呼ばれています。

BRDCは、輸送、集団構成の変化、過密などの環境ストレスにより感作された個体に、ウイルスや細菌が侵入し感染することで発生します。

初乳の摂取不足による感染症にかかりやすいことも要因のひとつです。

ウイルス感染や細菌感染が単独で肺炎を引き起こすこともありますが、多くの場合、混合感染が原因であり、時にはより複雑で重篤な症状を引き起こします。
 
特に、換気や寝具の交換が不十分な場合、アンモニアによる気道粘膜の損傷により感染症が発生しやすいと言われています。

子牛の呼吸器疾患対策
 
(1) ストレスの軽減
 
(2)換気 
 
(3)洗浄 
 
(4) 保温 
 
(5)十分な栄養補給
 
ファーミングはアンモニアによる気道粘膜の損傷を防ぐことができます。

ファーミングを導入した牛舎では、牛がストレスなく元気に育っています。



ストレスなく育った牛たちは発育もよく元気です。

是非、A飼料ファーミングをお試しください。


 

2022-07-02 16:20:14

A飼料ファーミング   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
ブログ  ブログ